meta http-equiv= プーケットビュー-プーケット観光情報、ダイビング情報
プーケットビュー[観光やイベント ダイビングなど]
プーケットで遊ぶ、食べる、泊まる 在住者が紹介するブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
実はとっても身近なプーケット

プーケットはタイ国内(バンコク)からだけではなく近隣の諸外国からもアクセスすることができます。

以下の都市からの直行便でのアクセスが可能です。

タイからのアクセス・・・バンコク、チェンマイ、ウドンタニ、サムイ、パタヤ
-----------------------------------------------------------------
マレーシアからのアクセス・・・クアラルンプール、ペナン
-----------------------------------------------------------------
東南アジアからのアクセス・・・ジャカルタ(インドネシア) カトマンズ(ネパール)
マニラ(フィリピン)、シンガポール
-----------------------------------------------------------------
中国及び東アジアからのアクセス
上海、北京、重慶、香港、澳門、台湾、ソウル(韓国)
-----------------------------------------------------------------
日本人の需要は少ないですがなんとモスクワ、シドニー、アブダビ、ドバイ
からも飛んでいます!!

タイ国内の航空会社は以下をご参照ください。

タイ航空
http://www.thaiair.co.jp/
バンコクエアウェイズ
http://www.bangkokair.com/jpn/pages/home
エアアジア
http://www.airasia.com/jp/ja/home.page
NOK AIR
http://www.nokair.com/
ORIENT THAI AIRLINES
http://www.flyorientthai.com/en/home/

オーストラリアでワーホリ帰りの方や、アジアを周遊されている方などのも
とてもアクセスがしやすいですね!!

バンコクには国際線をメインとしたスワンナプーム空港、国内線(主にLCC)をメインとしたドンムアン空港(旧バンコク国際空港)がありますので、お間違いないようにお気を付けください。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

近年、LCC(格安航空会社)の目覚しい発展により、プーケットへのアクセスがより安く、そしてより便利になりました。

一昔前ですとバンコクからの移動を安く済ませる手段といえば、長距離バスが主流でしたがLCCを利用すれば、バスとさほど金額的に代わりがないほど安価な航空券を購入することができます。

そしてなんと言っても最大のメリットはその移動時間!!

バスだと片道15時間かかるバンコク~プーケットですが飛行機だとたったの1時間!!

空港間の移動やチェックイン後の待ち時間を含めてもスムーズに行けば合計で4~5時間で移動ができます。

航空会社のキャンペーン価格などを利用すれば片道1,000~1,500バーツで移動も可能です。

LCCを上手に使いこなしてより快適な旅をしましょう。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットには電車がありません。
プーケットに訪れる人の多くが
タクシーやトゥクトゥク、またはバイクタクシーを利用することでしょう。
いつでもどこでも行きたいところへ行けるので便利です。


プーケットで暮らす人はバイクや車を足に生活をしています。
また、ホテルなどの大きな職場では専用の送迎トラックなどもあります。


プーケット



その他に、日中は地味ですが開放感たっぷりの路線バスやソンテウが走っています。
(見た目は結構派手ですね。)
行き先にもよりますが数十バーツと安く移動できるので、うまく使うと便利。
現地の人に混じって乗車すると、なんだか違う風景に見えてきます。


今がベストシーズン夏のラチャヤイ島



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

以前から興味のあった
プーケットの南西側、カタビーチからプーケットタウンまでのバスに乗ってみました。


出発はカタビーチリゾートのとなり、カロン市役所の前です。
一応時刻表が張られています。
日中は30分に1本、朝は20分に1本の間隔になっているようです。
最終バスは16:30、ちょっと早いような気もします。


プーケット



プーケット


バスと言ってもトラックの荷台程度、前から後ろへのベンチが川の字に並んでいる
とてもシンプルなものです。
このバスはプーケットタウンまで“30バーツ”という張り紙がされています。


プーケット



さて、乗車してしばらくして出発となりましたが、
徐行運転でカタビーチ、カロンビーチロードを北上し、
内陸側の路を今度はカタ方面へ南下します。
そうやって乗客を集めているのですね。


くるっと2-30分かけてカタ・カロンを回った後、山越えをしてシャロンへ。
シャロンサークルの手前で一旦停止。ここで集金されます。
サークルを回った後は止まれといわれるまでどんどん進み、
セントラルフェスティバルのひとつ手前で右に曲がり、
プーケットタウン、ラノーン通り、市場の近くのサークルでストップ。
今回は所要時間は約50分でした。



ここでみんな降りましたが、長距離バスターミナル(ボーコー・ソー)まで行く人は
そのまま乗っていきました。
バスターミナルは値段が別料金になっていて、カタから40バーツだそうです。
ご丁寧に帰りのご案内をしてくれます。最終バスは18時、
帰りのバスは市場の近くのタイ航空のむかいから出ています。
セブンイレブン前と案内されますが、
サークルからすぐにセブンイレブンがありますがその先に見えるほうです。
帰りのほうが飛ばしていきました。



ぷらりとそんな小旅行も時にはいいものですね。



今年こそダイバーになる!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットの格安ドミトリー宿

プーケットで唯一の日本人ドミトリー

現地発オプショナルツアー

ピピツアー、体験ダイビングも人気!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

プーケットのダイビングや、シュノーケリングなど、イロイロなことを検索してみてください!

リンク

プーケットに関するリンクや、タイのサムイ島やタオ島の情報もあります!

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。