meta http-equiv= プーケットビュー-プーケット観光情報、ダイビング情報
プーケットビュー[観光やイベント ダイビングなど]
プーケットで遊ぶ、食べる、泊まる 在住者が紹介するブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ロイカトーンは、毎年、タイ陰暦12月の満月の夜に
行われる灯篭流しの仏教行事。
今年は、11月5日に行われました。

ロカトーン


ロイカトンの歴史は古くその起源は幾つもの説があります。
スコータイ時代、プラルーアン王のお后のナングノッパマトが
12月の満月のお祝いの日に王様の船から見えるように
バナナの葉で蓮の花をかたどった美しい灯篭を川に浮かべ、
王様を大変喜ばせたのが始まりという説、
もうひとつはインドから伝わったという説で
ナマダ川岸にある仏様の仏足跡を奉る儀礼、そしてわれわれに水の恵みを与えてくれる水の神様への感謝と川を汚したことへの謝罪を表す為の3つが有力な説です。

初めはシンプルだったカトンも、時代や地方ごとに様々な形が生まれました。王族のために作られたカトンの中には、舞踊家や音楽家を乗せた巨大なものもあったようです。

現在では、カトンを記念したダンスや花火、ナングノッパマトに因んだミスコンテストなどがタイ全国で行われ、プーケットを含め国内のいたる川がクラトンの幻想的な光で照らされます。

ロイカトーン ファイヤーバルーン

スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
プーケットでは、「プーケットベジタリアンフェスティバル」が盛大に行われました。
タイ語で「キンジェー」と呼ばれるこのお祭りは、
10月22日~30日まで続きます。

その歴史は定かではないのですが、プーケット滞在中に伝染病かかってしまった中国の京劇団が、病気を治すためにきびしい菜食を続け、九人の神(九皇大帝)に祈り、心身を清めたといいます。
そうして病気治るとと、プーケットの人々はこの祭りをたたえ、健康と幸せを祈って毎年繰り返されるようになりました。この祭りは19世紀から続いているといわれています。
キンジェーの間、人々は白い衣服を身につけ、菜食をとおし、飲酒も禁止されます。

9日間続く祭りのクライマックスはパレードです。
その日の早朝、数ヶ月前から菜食をとおしてきた信者に、次々と神様が降りてきます。神が降りた人は、お寺で白装束から金や黄色、赤などの色鮮やかな衣裳に着替えさせられ、用意しておいた鉄棒を何本も頬に突き刺し、プーケットタウンを練り歩くのです。

プーケットベジタリアン

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
プーケットを訪れる多くの人は、日本の旅行代理店でパッケージツアーに申し込んで、プーケットにやってくることでしょう。
大手の代理店だと、現地で契約している旅行会社の日本語を話す
タイ人ガイドが空港へ迎えに来ることが多いので、
ガイドさんに案内されるまま、ホテルまで送迎されるから、空港からホテルへの移動手段の心配は特に要りません。

しかし、最近では旅行代理店で航空券と宿泊のパックを購入せずに、自分でインターネットで調べて航空券とホテルを購入して旅行する自由旅行者の数が増加しています。
自由旅行をする人は、空港から各ビーチ、各ホテルへの移動手段を自分で確保しなくてはなりません。

プーケット空港からはタクシー、またはミニバスを利用して各ビーチへ移動するのが一般的です。
場合によっては、宿泊先のホテルなどに、空港への送迎を依頼することも可能な場合もあります。

タクシーは空港内のにあるカウンターでも申し込めますが、空港施設外の通りで流しのタクシーを捕まえることも出来ます。
バンコクと違って、タクシーはメーターで走ってくれません。
交渉制です。プーケット・タウンやパトンビーチまでは約500B(約30分)。

ミニバス(乗り合いマイクロバス)も空港内のカウンターで申し込むことができます。ミニバスは席がいっぱいになるまで、乗客を待つこともあり、30分くらい待たされるのはまだ普通。
また、途中でホテルや、オプショナルツアーを売るためにプーケットタウン郊外の、提携旅行代理店に20分~30分ほど立ち寄ることが多いのが現状です。この旅行代理店で、押し売り攻撃を受けることになるので、ミニバスを利用する人は、覚悟をしておいてください。
ミニバスでの利用は、そんなわけで結構、時間がかかるので、時間的余裕のある人にお勧めです。

深夜到着の場合、全ての交通手段は夜間料金となるので、深夜到着の場合は、あらかじめ宿泊先のホテルや、現地の旅行会社などに送迎を頼んでおくほうが無難でしょう。

レンタカーを借りることもできます。
空港内にAVISレンタカーのカウンターがあるので、
国際免許とクレジットカードを掲示すればOK。
ただし、運転は荒い人が多いので、保険や破損時の対応などを
確認しておきましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

プーケットの格安ドミトリー宿

プーケットで唯一の日本人ドミトリー

現地発オプショナルツアー

ピピツアー、体験ダイビングも人気!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

プーケットのダイビングや、シュノーケリングなど、イロイロなことを検索してみてください!

リンク

プーケットに関するリンクや、タイのサムイ島やタオ島の情報もあります!

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。