meta http-equiv= プーケットビュー-プーケット観光情報、ダイビング情報
プーケットビュー[観光やイベント ダイビングなど]
プーケットで遊ぶ、食べる、泊まる 在住者が紹介するブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
クラビは島ではないが、石灰岩の岩山とジャングルに囲まれ、切り立った崖や洞窟、貝の化石のビーチなどが点在する。
もちろんプーケット同様、マリンアクティビティが人気だが、山中には温泉や滝、果樹園や寺院があり、海と陸両方に手つかずの自然が残る。
最もポピュラーなビーチがアオ・ナン・ビーチ。
高級ホテルやレストラン、商店、旅行会社などが並ぶ。
近年ビーチの大規模は整備が行われており、どんどんリゾート化してきている。
自然の素朴さが失われないことを望みたい。


クラビ情報はこちら
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
国際的リゾートとして発展中のサムイ島、特にチャウエンビーチでは、今や世界各国のレストランが数え切れない程並び、食べられない物がないといってもいい。
私自身もここプーケットでタイ料<理に飽きてくると、イタリアンや日本食に走ってしまうが、リーズナブルでお洒落なオープンエアーのレストランが多いので、常に南国に居る気分を忘れる事なく食事が出来る。
お勧めは、インド料理。日本だと高級志向のレストランが多いが、タイではとても良心的な値段で、数も多く、味も良いお店がたくさんある。
色んな国の料理を味わってみるのも楽しいだろう。


サムイ島レストラン情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
東側に位置する数々のビーチは、急に深くなっていたり岩場だったりする為魚の数が多く、シュノーケリングを楽しむ人が多い。
バンガローも点在だが、移動が困難なところが少し不便だ。
西側は遠浅のビーチが続いており、バンガローも多い。交通の便も良いので、旅行客の姿もよく見かける。
北側はダイビングのトレーニングのしている光景をよく目にする。
波が穏やかなので、プーケットピピ島同様、シュノーケリングも楽しめる。
南側はのんびりしたい人にお勧め。ヨーロピアンたちに好まれている。
せっかくタオ島まで足を伸ばしたのだから、是非海の中を覗いてみてはどうだろうか。


タオ島の海情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
アジアのダイバーズアイランド、タオ島。ファンダイビングはもちろん、ダイビングスクールも多く、料金も他の島に比べて良心的だ。
スケールの大きい人気No.1ポイント「チュンポン・ピナクル」は、巨大な海底山脈になっており、大物回遊魚との遭遇がかなりの確率で期待できる。
タオ島パンガン島の間にある海底30mからせり上がった直径25m程の小さな岩が「セイル・ロック」。チムニー(煙突)と呼ばれる縦穴が面白い。
プーケットをはじめ、タイには日本人が常駐するダイビングショップもあるので、ライセンス取得にチャレンジするのも良いだろう。


タオ島ダイビング情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
バックパッカーに人気の高い島パンガン島プーケット島サムイ島と違って内交通は不便で、ボートの到着に合わせて運行されるソンテウを使うくらいしか交通手段はない。
観光客が集まるには主に島の南東部にあるハート・リン。
賑やかなサンライズビーチとサンセットビーチがあり、2つのビーチを結ぶ道とビーチ沿いに商店やゲストハウス、バンガローが並んでいる。
夜になると、サンライズビーチには、レストランやバーのテーブルが登場し、たくさんのバックパッカーが足を運ぶ。
フルムーンパーティーが有名だが、あまりハメを外しすぎないようにしよう。


パンガン島情報はこちら


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
世界中のダイバーが集まるタオ島。とてものんびりした雰囲気が漂っており、素朴な雰囲気。未舗装の道路も多い。
ベストシーズンは2月~5月頃。
11月~12月は海が荒れることも多いので避けた方が良いだろう。
島の西側にあるメー・ハートの船着場に、食料品店や雑貨店、レストラン、ダイビングショップなどが並ぶ中心地となっている。
モーターサイクルやソンテウも待機しており、道のあるところなら、可能な限りどこまでも行ってくれる。プーケットよりも少しリーズナブルだ。
とことん自然を満喫しながら、のんびりしたい人にお勧めだ。


タオ島の情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
プーケット同様、サムイ島にも多くのビーチリゾート、タウンがある。
それぞれに特徴があり、雰囲気が異なるので、好み、目的、予算に応じてエリアをチョイスすることが出来る。
観光の中心となる、一番大きなビーチがチャウエンビーチ。
高級ホテルからレストラン、バー、みやげ物店まですべて揃っており、いつも賑やかだ。
その他、ラマイビーチ、メナムビーチ、ボプットビーチ、ビッグブッダビーチなど、色々な表情を持つビーチがたくさんある。
自分の気に入ったビーチを見つけるのも面白いだろう。


サムイ島のビーチ情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
この記事を書いている私自身がダイバーなだけに、是非サムイ島ダイビングの面白さを知ってもらいたい。
ベストシーズンはプーケットとは逆で3月中旬から10月中旬。
ジンベイザメ、マンタなどの大物との遭遇率の高いポイントから、
サンゴ礁があたり一面に広がるポイント、地形のダイナミックなポイントなど、バラエティにとんだダイビングを楽しむ事が出来る。
10月下旬から12月上旬は雨期で波が高くなることも多いので避けた方が良いだろう。


サムイ島ダイビング情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイで3番目に大きな島、サムイ島。人口は約3万5000人。
島の3分の2は深い緑で覆われている美しい島だ。
そんな自然と一体化したリゾートを心がけている為、ココナッツの木より高いビルの建設を禁じている。ホテルでも4階立て以上のものは建設されていない。
自然の景観の中でリラックスしたい人にお勧めだ。
バンコク、プーケットからも毎日飛行機が運航しており、旅行者にとってとても訪れやすい。
ベストシーズンは3月上旬から5月中旬。海が一番きれいなのもこの時期で、マリンアクティビティはもちろん十分に楽しむ事が出来る。


サムイ島のお天気情報はこちら


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

プーケットの格安ドミトリー宿

プーケットで唯一の日本人ドミトリー

現地発オプショナルツアー

ピピツアー、体験ダイビングも人気!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

プーケットのダイビングや、シュノーケリングなど、イロイロなことを検索してみてください!

リンク

プーケットに関するリンクや、タイのサムイ島やタオ島の情報もあります!

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。