meta http-equiv= プーケットビュー-プーケット観光情報、ダイビング情報
プーケットビュー[観光やイベント ダイビングなど]
プーケットで遊ぶ、食べる、泊まる 在住者が紹介するブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
旅行者、在住者の多くの欲望に応えてくれるリゾートは、なかなか少ないのではないだろうか。
輝く太陽、青い空に青い海、どこまでも続くビーチに、色鮮やかな花や緑豊かな大自然。リゾートアクティビティはもちろん、高級スパやタイマッサージ、独特なタイ料理にフルーツ、世界各国の料理に、賑やかで華やかなナイトライフ。
世界的に有名なプーケットをはじめ、サムイ島ピピ島などの数々のリゾートに、それぞれの顔がある。
タイランドこそまさしく、南国の楽園といっても良いだろう。



タイランド情報はこちらから
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

せっかく海のきれいなタイに来たのだから、この機会にダイビングライセンス取得にトライしてみてはどうだろうか?
基本となるオープンウォーターダイバーコースは、プーケットでも、サムイ島でも、タオ島でも、3日間で受講可能だ。価格もタイで受講すると良心的。
体験ダイビングを考えてる人は、いっその事ライセンス取得をお勧めする。
最終日は、世界でも有名なダイビングポイントで講習を行うことも可能だ。
講習中にジンベイザメを見た!なんて事も?!


タオ島のダイビング情報はこちら



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットからの日帰りトリップで一番人気と言っても良いダイビング・ポイントが、
「シャーク・ポイント」。世界に誇れるダイブサイトだ。
名前の通り、「レオパード・シャーク」(トラフザメ)が居る事で有名なのだが、実は最も素晴らしいのはソフトコーラル、海うちわなどの景観である。
こんなに色鮮やかなダイビング・ポイント、なかなかないのではないだろうか。
プーケットでダイビングを考えてる人は、是非行ってみてもらいたい。


プーケットのダイビング情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

ピピ諸島は全部で6つの島からなる、サンゴ礁に囲まれたヤシの楽園だ。
観光の中心となるのがピピ・ドン島。ここ数年ほどで中心部はどんどん拡大しており、高級ホテルや高級レストランなども見られる。
映画「BEACH」の舞台にもなったピピ・レ島では、シュノーケルの楽しむ観光客でいっぱいだ。。
タイでも有数のダイビング、スノーケルスポットを持つエリアとしても知られる。
プーケットの港から定期便が毎日運航しており、所要時間は1時間半~2時間半。
カヤッキング、フィッシング、ロッククライミングなど、さまざまなアクティビティも楽しめる。

ピピ島情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

和食や、フランス料理を食べる時、
食事のマナーがありますが、タイにもタイのマナーがあります。
特に難しいことはありませんが、タイの食事マナーを紹介します。
知っていると、現地の人にも喜ばれますよ。



? スプーンとフォーク
タイでは、基本的にスプーンとフォークを使って食事をします。
スプーンは右手、フォークは左手です。
西洋料理を食べるときのナイフのように、肉や野菜は、
口へ運ぶ前に適当な大きさにスプーンで切ってから食べます。
タイ人の食べるのを見ていると、ほんとにちょっとずつ食べていますが、そこまで気にする必要はないでしょう。



? 音をたててはいけない
日本では、そばやラーメンなどの麺類をズルズルっと音をたてて食べますが、外人に嫌な顔をされるものです。タイもその辺は同じで、
食事中に絶対に音はたてません。ズルズルっとすすりたい衝動にかられても、グッと我慢です。
麺類は、麺を端で2、3本すくい、更にその後スプーンに 乗せ変えて
そっと食べているほど。



? 皿を持ち上げてはいけない
スープや麺類のどんぶりや、小さなおわんに移し変えた後でも、
口元へ近づけて食べるのはご法度。テーブルから皿やどんぶりを
持ち上げてはいけません。スープはひとくちづつスプーンで飲みましょう。

西洋よりマナーは厳しくありませんが、タイで楽しく食事を
するために、こんな点に気をつけてみると良いでしょう。

プーケットには数え切れない程のタイ料理レストランがあります。是非トライしてみてみましょう。


プーケットレストラン情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

その国その国で潜らないと見る事の出来ないレアな魚を見る事が、海外でダイビングする楽しみではないだろうか。
プーケットとその周辺のピピ島シミラン諸島が浮かんでいるのがアンダマン海。
インド洋東北端の海域を指す。
インド洋の固有種の代表がコラーレバタフライフィッシュ。チョウチョウウオの一種だ。
その他、パウダーブルーサージョンフィッシュ、トマトクラウンアネモネフィッシュなど、アンダマン海でダイビングする際には是非見てみたいものである。


プーケットダイビング情報はこちら
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

島の南パンワ岬の先端に建つ国立の水族館。
近年改装された水族館には、長さ10メートルのトンネル型水槽ができました。

この水族館は、政府機関であるプーケット海洋生物研究所によって運営されています。
タイのトロピカルな海に生息する熱帯魚、サンゴ、strong>アンダマン海の生態系を間近で見ることができる。水族館から数分歩いたところにある研究所では、絶滅の危機に瀕しているウ ミガメを孵化させて自然に帰す活動などを行っているが、こちらを見学の場合には予約が必要だ。

普段の見所は、マンタ!レオパードシャーク!
日本の水族館にはいませんよね。
滞在中、時間に余裕があったら訪れてみてください。


プーケットの水族館

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

タイは、何を隠そうニューハーフが、非常に多いのです!
なぜか?正確なところは定かではありませんが、もともと男女ともにナルシストが多く、
カワイイものが大好きな文化性がそうさせるのか・・・
はたまた、あのふにゃふにゃとした言葉がオカマ化を促してしまうのか・・・
社会での認知度も高く、子供のころからニューハーフとして育つから、びっくりするほど女性っぽく、キレイな人が多いのです。
そんなタイでも、屈指の美女!?揃いなのが、このサイモンキャバレー。
ショーは、ちょっと宝塚のような感じで、美しいニューハーフ達が、妖しさ漂うダンスや歌を絢爛豪華にご披露してくれます。また、ちょっと笑いもあったり、
老若男女が皆さん楽しめる内容になっています。
オカマかあ・・・ちょっとなあ・・というあなたも!プーケットで一番面白かったと評判のこのサイモンキャバレー、一見の価値はありますよ!

プーケットの美しいオカマ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットの西海岸のほぼ中央に位置し、南北に弓なりになったビーチは島内で最も賑<やかなビーチエリア。
プーケットはアジアを代表するビーチリゾートなので、そのプーケットで最も賑やかなパトンビーチはアジアを代表するビーチと言えるだろう。
旅行客の数もホテルの部屋数もプーケットで最も大きな規模。

2.8キロにわたる白い砂浜は、遠浅でビーチパラソルが並びパラセイリングやジェットスキー等、様々なマリンアクテ ィビテ ィが楽しめる。
ビーチ沿いのビーチロードと、それに平行して大きな通りが一本裏に通っている。
通り沿いには、 格安ホテルから高級ホテル、各国料理レストラン、様々な土産物店、旅行代理店、タイ人女性の働くバー、オカマバー等々、ここには観光客が求める全ての物が揃う。滞在日数が少なく、買い物、食事、夜遊び、ツアー等々、色々と動き回りたい人は、効果的に動くことを考慮して、パトンビーチに滞在するのが良い だろう。
滞在日数の長い人は、ちょっと離れたビーチに滞在して、静かな南の島を満喫しながら、必要に合わせて、買い物や食事をしに、パトンビーチに出て来るのも一つの過ごし方。
常に活気にあふれているパトンビーチはプーケット西海岸に面しているので、天気の良い日は、アンダマン海に沈む美しい夕陽を目の前で見ることができる。


プーケット パトンビーチ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

『セントラル フェスティバル プーケット』
プーケットにはなかったお洒落なショッピングスポットです。
今や、プーケットに在住の日本人も何かと言えばセントラル。
観光客にも、お土産、お食事、ブランド物のお買い物と、
お勧めのショッピングスポットです。

3階建てのセントラルデパートとテナントショップや映画館、レストランが建ち並ぶショッピングモールから成り立っていて、
場所はプーケットタウンにあり、タイナンレストランの向かい側。
プーケットに遊びに来たなら、是非足を運んでみてください。
銀行もあるので、両替にも困りません。

かなり広いので、ゆっくりとショッピングを楽しむのなら、丸1日費やしてしまうかも。1日では見きれないかもしれませんね!

3Fにはデラックスなカップルシートがある映画館もあります。
もちろん英語でも鑑賞も可能です。

レストランは、ピザハット、シズラー(ステーキ)、MKスキ(タイスキ)、日本食レストランの富士、スターバックスなど
タイ料理が苦手な方や、和食が恋しくなったお父さんにもお勧めです。

アルマーニエクスチェンジや、ジャスパルなどのブランドショップも
入っていますので、女性はショッピングが楽しめますね。

1Fには、スーパーマーケットがありますので、お土産人気の、
タイの日用雑貨や、お菓子、インスタントラーメンなども買えます。

プーケットのショッピングならセントラル


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットには電車がありません。
プーケットに訪れる人の多くが
タクシーやトゥクトゥク、またはバイクタクシーを利用することでしょう。
いつでもどこでも行きたいところへ行けるので便利です。


プーケットで暮らす人はバイクや車を足に生活をしています。
また、ホテルなどの大きな職場では専用の送迎トラックなどもあります。


プーケット



その他に、日中は地味ですが開放感たっぷりの路線バスやソンテウが走っています。
(見た目は結構派手ですね。)
行き先にもよりますが数十バーツと安く移動できるので、うまく使うと便利。
現地の人に混じって乗車すると、なんだか違う風景に見えてきます。


今がベストシーズン夏のラチャヤイ島



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

以前から興味のあった
プーケットの南西側、カタビーチからプーケットタウンまでのバスに乗ってみました。


出発はカタビーチリゾートのとなり、カロン市役所の前です。
一応時刻表が張られています。
日中は30分に1本、朝は20分に1本の間隔になっているようです。
最終バスは16:30、ちょっと早いような気もします。


プーケット



プーケット


バスと言ってもトラックの荷台程度、前から後ろへのベンチが川の字に並んでいる
とてもシンプルなものです。
このバスはプーケットタウンまで“30バーツ”という張り紙がされています。


プーケット



さて、乗車してしばらくして出発となりましたが、
徐行運転でカタビーチ、カロンビーチロードを北上し、
内陸側の路を今度はカタ方面へ南下します。
そうやって乗客を集めているのですね。


くるっと2-30分かけてカタ・カロンを回った後、山越えをしてシャロンへ。
シャロンサークルの手前で一旦停止。ここで集金されます。
サークルを回った後は止まれといわれるまでどんどん進み、
セントラルフェスティバルのひとつ手前で右に曲がり、
プーケットタウン、ラノーン通り、市場の近くのサークルでストップ。
今回は所要時間は約50分でした。



ここでみんな降りましたが、長距離バスターミナル(ボーコー・ソー)まで行く人は
そのまま乗っていきました。
バスターミナルは値段が別料金になっていて、カタから40バーツだそうです。
ご丁寧に帰りのご案内をしてくれます。最終バスは18時、
帰りのバスは市場の近くのタイ航空のむかいから出ています。
セブンイレブン前と案内されますが、
サークルからすぐにセブンイレブンがありますがその先に見えるほうです。
帰りのほうが飛ばしていきました。



ぷらりとそんな小旅行も時にはいいものですね。



今年こそダイバーになる!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

暑い時、喉の渇いた時に食べるよく冷えたスイカは格別。


プーケットで食べるスイカは日本のものより甘みが少なくあっさりしています。
日本のものより小ぶりで長い形をしているものも見かけます。



プーケット




ナム・テンモー(スイカジュース)や、テンモー・パン(スイカシェイク)など、
ドリンクにするのが人気です。


また干して味付けされた種はお酒のおつまみとして親しまれています。



プーケットでダイビングライセンス



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットで、トロピカルなフルーツを食べつくしたら今度はコレ!


プーケット



皮がごつく、見た目とても酸っぱそうですが、
あまり酸っぱくなく、さっぱりとした甘みがあります。
ハッサクのような心地いい歯ごたえがあります。
なんだかほっとする味です。


グレープフルーツのように、シーチョンプー(ピンク)とシーカオ(白)の2種類あります。
皮をむいて内袋まできれいにむかれて販売されていることも多く、
もてなされるときもたいていむかれています。
また、ヤム・ソムオー(ザボンのピリ辛サラダ)にして食べられます。


今がベストシーズン夏のラチャヤイ島
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットには日本では見たことのないようなフルーツもいっぱい。
露天や市場、スーパーでもいろんな種類のフルーツが売られています。
見つけたら未知の味に挑戦してみては?



○ガトーン (サントル)



プーケット



ビロードのような肌触りのレンガ色の実。
大きさはオレンジ程度。
水分を含んだ綿のような白い果肉は甘みと酸味、若干の渋みがあります。
種周辺は甘みが強いが種離れが悪い。



プーケット






○カヌン (ジャックフルーツ)



プーケット



世界最大のフルーツといわれ、40kgになることもある。
外見はドリアンのとげをなくしたような形でとにかく大きいです。

黄色い果肉はちょっと青臭い癖がありますが酸味は少なく、歯ごたえがあります。
種も塩茄ですると栗や芋のような味でお菓子にも使われます。






○ケーオ・マンコーン (ドラゴンフルーツ)



プーケット




ショッキングピンクの派手な外観。
これはサボテンの実で、中身は赤とグレーの2タイプあります。
キウイの色違い?といった具合につぶつぶの種が広がっています。
味は淡白で、さっぱりとした甘さが特徴。


プーケット






○サラ (サラクヤシ)



プーケット




ヘビのうろこ状の茶色い皮をむくと、中からはカラスミのような果肉が出てきます。
風味豊で酸味もあり、意外とサクサク歯ざわりがあります。
フルーツの中でも高値で販売されています。


プーケット






○チョンプー (ジャワフトモモ、ローズアップル)



プーケット




赤と緑のバージョンがあり、ベルのような形。
まるで花ビラが花芯を守るかのように額が果肉にめり込んでいます。
サクサクとしていてとてもジューシー。甘みは薄くさっぱりしています。




○ファラン (グァバ、バンジロー)



プーケット




ごつごつした若い梨のような果実。
タイではまだ青い未熟のものを皮ごと切り割って食べます。
シャリシャリと歯ごたえもよく、水分も多いので、甘くない梨のよう。
中に小さく白っぽい硬い種がつぶつぶと入っています。
丸ごとシロップ付けにされることも多いです。




○マカ (タマリンド)




プーケット




パリパリの茶色い皮をむくと、
干し柿のようなピーナツ味噌のような果肉が出てきます。
口に含むと梅干飴を思い浮かべるような酸っぱいお味。
砂糖付けにしたり、料理にも使われます。




○マファン (ゴレンシ、スターフルーツ)



プーケット




輪切りにすると星型になります。名前の由来もここから来ているのでしょう。
表面はツルツルしており、中は水分が多く、酸味が強いです。




○マファイ (?)



プーケット




ロンゴンと同じような大きさで、オレンジのツルツルの質感のある皮をむくと、
透明感のある果肉が出てきます。
結構酸味が強く、種離れは悪いがさっぱりしています。




○ラムッ (サポジラ)


プーケット




卵くらいの大きさのラグビーボール型の茶色い果実。
舌触りがざらざらしていてとても甘く干し柿のよう。
お酒のような香りもします。



今がベストシーズン夏のラチャヤイ島

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットのフルーツ売り場で山のように、いや山になって並べられている
タイのミカン。しまいにはピラミッド型に並べられていたりもします。
そしてやけに緑色でワックスでやけにツルツルしているものもよく見かけます。



プーケット





剥いてみると、日本のミカンより皮が薄く香りと強い甘みがあります。
種が多いので油断してると噛み砕いてしまいますよ。


そのまま食べる他、ナム・ソム・カン(オレンジ・ジュース)がポピュラーです。
ジュース用には小ぶりなものがよく使われているようです。
タラートや縁日でも並んでいますので、散策しながら楽しむのもグーです。


ソム・キエオ・ワーン・・・皮はまだ青いところがありますが中はオレンジ色。
               すでに甘くなっています。


ソム・サイ・ナムプン・・・“蜂蜜入り”という名前のとおり、甘く芳しい。


他のフルーツに比べてちょっと地味で、一見南の島っぽくないですが、
食べ始めるとはまります。


今がベストシーズン夏のラチャヤイ島


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットではあちこちでフルーツが売られているのが見かけられますが、
その軒にバナナがよくぶら下がっています。
傷まないように気をつけているのですね。


プーケット




タイには約20種類のバナナがあるといわれています。
完熟のバナナの味は格別。
そのまま食べる他にも、クルーアイ・ピン(焼きバナナ)や
クルーアイ・トート(バナナフリッター)などが屋台でも売られています。


<代表的な品種>


○クルアイ・ホーム・・・日本で見かけるものと似ています。甘み&香りもグッド。
              そのままで食べられることが多い


○クルアイ・ナムワー・・・太く短めで、色も白みがかっていて、実がしっかりしている。
               加熱されることも多い。


○クルアイ・カイ・・・小型で丸みを帯びてモンキーバナナのよう。皮が薄くて甘い。



いろんなバナナ、試してみてくださいっ



今がベストシーズン夏のラチャヤイ島


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

タイでは沖縄と同じようにまた熟していない青いパパイヤを食します。
代表的な料理はこちら

            
           ↓ 


プーケット



プーケットはタイでも南にありますが、
東北、イサーンの青パパイヤのサラダ、ソムタムは大人気。
パパイヤにはパパイン酵素が含まており、
分解消化作用、や抗炎症作用があるので、
洗顔料に使われたり、またダイエットによいといわれています。
味もさることながら、女性にうれしい料理なのです。


プーケット



タイのパパイヤ、かなり長いものが多いです。
熟した濃いオレンジの実はマナオを絞ると
クセが消えサッパリした味になります。


今がベストシーズン夏のラチャヤイ島



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

タイ料理に多く使われる小粒のライム。
ソムタムなどのサラダ類に入れられる他、トムヤムクンにも入っています。
プーケットといえばシーフードが有名ですが、
シーフードとも相性はバッチリ。


プーケット



レモンよりも酸っぱくなく、癖のない香り。出るところを選びません。
果汁と砂糖、お水で割ったナーム・マナオはサッパリとしていて飽きがきません。
また、ソーダやお酒など、他のドリンクにも使われます。


プーケットでダイビングにチャレンジ


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットといえば南の島、南の島といえばココナッツ・・・
こんな図式が出来上がりますね。


若い実を丸ごとジュースとして飲むのは見た目にもトロピカル。
ちょっとと青臭いスポーツドリンクのようなジュースを飲み、
内側の壁についているプルプルの白い胚乳の部分をスプーンで削りとって食べます。


プーケット



また、ココナッツは多くのタイのスイーツの材料になったり、
ココナッツミルクとして料理にも使われます。

ココナッツの採取にはサルが大活躍。器用に上ってくるくるっとまわして落とすんですよ。
見ているとこのサル、人間に見えてくるときがあります。


ダイビングライセンス講習

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットではマンゴーも大人気。


プーケット



熟したマンゴーだけでなく、タイでは若い青いマンゴーに
甘辛いたれ(ナンプラー・ワーン)や唐辛子入りの砂糖をつけて食べるのが人気があります。
黄色い完熟マンゴーはカオニャオ・マムアン(もち米+マンゴー+ココナッツミルク)は
タイらしい組み合わせ。



<代表的な品種>



○マムアン・ナム・ドクマイ・・・黄色、“花のしずく”というネーミングはしずくのような形から。
                 コクのある甘さ、きめ細かな果肉で人気。
                 緑色のタイプもあると聞きました。


○マムアン・オックロン・・・黄色、“オックロン”とは“胸の谷間”。
                本当に身の側面に谷間が走っています。
                 ナムドクマイより小ぶりで丸みがある。香りがとてもよい。


○マムアン・マーン・・・緑色、サクサクとした歯ごたえがポイントでほどよい甘み。


○マムアン・キエオ・サウォイ・・・緑色、若干長細い。“サウォイ”は王宮用語の“召し上がる”
                  酸味はなく、あっさりした甘みとサクサクした歯ざわり。


この他にも小ぶりですっぱーい品種もあります!


今がベストシーズン夏のラチャヤイ島

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

南国といえばやはり安くて美味しいフルーツ。
市場では量り売りされていますので、ほしい分だけ袋に入れて量ってもらいます。
1キロ○○バーツと表示があるので安心です。
この時期のフルーツは・・・


○トゥリアン (ドリアン)


プーケット



“フルーツの大様”とか“フルーツの魔王”と言われ、
また臭いことでも有名な高級フルーツ。
飛行機やホテルへの持込禁止になっています。

子供の頭ほどの果実で、とげとげの硬い皮で覆われています。
中は5つの部屋に分かれており、
種の周りにあるねっとりとしたクリーム色の果肉を食します。
クリームチーズのような食感と品のいい甘み、独特の香りと味わいは
一度食べたら病み付きになってしまう人も多いです。
いくつかの品種がありますが、
高級品種のモントーンは臭みが少なく、食べやすいです。

栄養価がとても高く、ビタミンやミネラルの豊富なのですが、
カロリーも高いので、疾患のある人は注意を。
また、アルコールとの食べあわせが悪く、死亡することもあるといわれています。




○ノイナー  (バンレイシ、シャカトウ(釈迦頭)、 カスタードアップル)


プーケット



こぶしより一回り大きいの仏像の頭のようなデコボコのフルーツ。
7月くらいになったら出回ります。
やわらかいので簡単に手で割ることが出来、
黒い種がいっぱい入っているがクリーミーで甘みが強く、
ざらざらとした舌触り。“カスタードアップル”といいますが、りんごとは似ていません。




○マンクッ  (マンゴスチン )


プーケット



世界3大美果のひとつ、フルーツの女王とのいわれています。
ビリヤードの球程度のコロコロとかわいい形で
黒紫の厚ぼったくてやわらかい外皮をよけると白い果肉が顔を出します。
口に含むと上品で豊かな香りと甘み、程よい酸味が広がります。
大きさの割りに食べられるところは少ないので、
ついつい次の1個に手が伸びてしまいます。




○ランサー ( ズク、ランサ )


プーケット



大粒のブドウくらいの大きさで柔らかいベージュの皮を向くと
少し透明感のある果肉が出てきます。5つの房になっています。
甘み、酸味、ほんのり渋みのある味はちょっとグレープフルーツに近い?
南タイの改良種はロンコーンといい、より甘みが強い高級種です。




○ラムヤイ (竜眼 、ドラゴンアイ、ロンガン)


プーケット



外皮はウズラの卵くらいの丸い球状でジャガイモのような色をています。
つめで押して割れ目を作り、パリパリの皮を向くと、
大きな種の入った半透明の果肉が出てきます。
甘みがあってブドウよりしっかりとした果肉の中には大きな種が。
乾燥させて漢方薬としても利用されます。
体を温めたり、アンチエイジング効果などがあるそうですが、
食べ過ぎはよくないそうです。




○リンチー( レイシ、ライチ )


プーケット



マスカット大の紅褐色でうろこ状の皮をむくと、
白色半透明の果肉がでてきます。
みずみずしい果肉は甘味、酸味、芳香のバランスがよく
楊貴妃に愛されたフルーツというのも頷けます。




○ンゴ (ランプータン)


プーケット



ひげのような赤い毛がモジャモジャと生えて、
ユニークなビジュアルもまたトロピカル。
上品な甘さが特徴の白色半透明な果肉はとってもジューシーです。
果実の中の種と果肉が薄皮でくっついていて種離れが悪いので、
気になる人も。


今がベストシーズン夏のラチャヤイ島

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットはパイナップルの名産地。
完熟のパイナップルはイガイガせず甘くてジューシー。
カットフルーツとしてフルーツ屋台に登場するとき、
見事にらせん状の溝でポツポツ部分を落として剥かれています。



プーケット




生で食べる他にもパイナップルは活躍しています!
パイナップルジャムのはさまれたクッキーやパイなどのお菓子の他、
甘酢炒め(パット・プリアオ・ワーン)やカオ・パット・サパロット
(パイナップルチャーハン)など、料理にも使われます。



<代表的な品種>


○サパロット・シーラチャ・・・皮が緑、甘みと酸味のありポピュラー


○サパロット・プーケット ・・・皮がオレンジで長い形、甘みと酸味があり、
                 シャキシャキした歯ごたえ


○サパロット・ナンレー ・・・やや小型  甘くてジューシー


○サパロット・プーレー・・・プーケット種×ナンレー種 握りこぶし大で甘みがある



プーケットで本当のパイナップルのおいしさに出会う人も多いです。
是非お試しを!



始めよう!ダイビング


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットの格安ドミトリー宿

プーケットで唯一の日本人ドミトリー

現地発オプショナルツアー

ピピツアー、体験ダイビングも人気!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

プーケットのダイビングや、シュノーケリングなど、イロイロなことを検索してみてください!

リンク

プーケットに関するリンクや、タイのサムイ島やタオ島の情報もあります!

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。