meta http-equiv= プーケットビュー-プーケット観光情報、ダイビング情報
プーケットビュー[観光やイベント ダイビングなど]
プーケットで遊ぶ、食べる、泊まる 在住者が紹介するブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
釣り

プーケットで、ダイビング以外にも色々と海で遊べます。
シュノーケリングツアーやシーカヌーなどもありますが、釣り、フィッシングなんてどうでしょう。
いつもはダイビングで訪れるラチャヤイ島にフィッシングボートで出かけました。
航行中は大物狙いでトローリング。ラチャヤイ島へ到着したら停泊してハンドリールでのんびり釣りタイム。
釣果はさほどでもありませんしたが、初挑戦のチサちゃんもハタなどをつり上げ、
ランチにはみんなで美味しく頂きました。
トローリングでカジキをつり上げる方はさすがに少ないのですが、ツムブリやイケカツオなどの大型の魚も
割と釣れるようです。乗り合いのツアーですが、比較的安価にチャーターも可能で、かなり自由が効くのがグッド。ダイビングも一緒にアレンジできたりします。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
IMG_2603.jpg


日本のみならず、いまや世界中で人気の定番カジュアル洋服店といえばユニクロ。
ようやくタイはバンコクに出店したのが、2、3年前でしたが、プーケットにも出店。
場所はプーケット空港から南部へ伸びるバイパス添いの、セントラルフェスティバルプーケットや、ビックC、
なども立ち並ぶエリアのテスコロータス内です。
結構おおきな店舗面積で、品揃えも充実しています。
プーケットでは、他にもスウェーデン系のH&Mや、JASPAL MANGO などカジュアル洋服チェーンの
出店が目白押しですので、競争も激しいようです。
僕ら日本人にはやっぱりユニクロはなじむものですが、お値段がタイ人にはちょとお高めで、
まだまだ一般的とまではいかないのが実情です。
それでも、成長著しいプーケットへの進出はちょっと先を見たものなのかもしれませんね。
いずれにせよ、僕らには便利になるばかりで助かります。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
常夏の島プーケット
燦燦と輝く太陽の下、ついつい日焼けしたくなりますよね。

beach


しかし日焼けも一歩間違えば大きなトラブルの元。
しっかりと日焼け対策をしたうえでお出かけしましょう。

まずは必須アイテムとして帽子とサングラス。

頭のてっぺんに直射日光を浴びると熱中症のもとになりますので
炎天下では必須アイテムですね。

そして肌を綺麗に焼きたい方はサンオイル、美白を保ちたいという方は
日焼け止めを必ず塗りましょう。


個人的なオススメは100パーセントココナッツオイル。
無添加なのでお肌にも良く日焼け対策もばっちりです。

またダイビングやシュノーケリングで海に行く際はラッシュガードがあるといいですね。

ラチャヤイ島やピピ島までは1時間~1時間半ありますので
万全な日焼け対策が必要ですね。

日焼をした後はしっかりと保湿をしましょう。

日焼には中毒性があるとのことですのでくれぐれも焼きすぎにはご注意を!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
プーケットは土地柄ムスリム(イスラム教)が多く
街の各所にモスクがあります。

またイスラム教徒にとって豚は不浄とされており
豚肉を食べないためお肉と言えば鶏肉が定番となっております。

日本では宗教の理由上食べられないものというのが
あまり定着していないので文化の違いを垣間見ることができますね。

マーケットで見つけた鶏肉専門店ですが
日本ではなかなかこういった光景は見かけないのではないでしょうか。

とり

ちなみに鶏肉はタイ語でガイといいます。

ガイヤーン(焼き鳥)
ガイトー(から揚げ)
ガパオガイ(鶏肉ホーリーバジル炒め)

などなど

ちなみにマーケットだけではなくスーパーでもこういった状態で
売られていますので、最初はちょっとびっくりするかもしれないですね。

ダイビング後のスタミナ補給にも鶏肉はおすすめです。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
images.jpeg
日本でも発売されている(いた??)カップヌードルトムヤムクン味
こちらは本家タイランド、各食品メーカーからトムヤムクン味のカップヌードルが販売されています。
みなさまお馴染みの日清食品のカップヌードル、こちらでは期間限定なしで
いつでもどこでも食べられます!!
値段も13バーツ(40円)とお値打ち!!
小腹が空いたときや、おみやげにぜひどうぞ!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

IMG_0700.jpg

タイはエビを使った料理が豊富ですね!!
まさに煮るなり焼くなり好きにしてくれ状態ですね。。。
ちなみにタイ語でエビは「クン」です。
トムヤムクンは
トム=煮る
ヤム=混ぜる
クン=エビ
です。トムヤム君ではありません。
というわけで今日は今日はエビをまるごと贅沢に使った料理をご紹介。
その名も「クンパオ」
クンはエビ、パオは焼く(そのまま焼くという意味のほうがよいでしょうか)
街中の屋台ですとなかなかお目にかかれないですが
シーフードレストラン等では食べることができます。
プーケットにお越しの際はぜひともご試しください。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

実はとっても身近なプーケット

プーケットはタイ国内(バンコク)からだけではなく近隣の諸外国からもアクセスすることができます。

以下の都市からの直行便でのアクセスが可能です。

タイからのアクセス・・・バンコク、チェンマイ、ウドンタニ、サムイ、パタヤ
-----------------------------------------------------------------
マレーシアからのアクセス・・・クアラルンプール、ペナン
-----------------------------------------------------------------
東南アジアからのアクセス・・・ジャカルタ(インドネシア) カトマンズ(ネパール)
マニラ(フィリピン)、シンガポール
-----------------------------------------------------------------
中国及び東アジアからのアクセス
上海、北京、重慶、香港、澳門、台湾、ソウル(韓国)
-----------------------------------------------------------------
日本人の需要は少ないですがなんとモスクワ、シドニー、アブダビ、ドバイ
からも飛んでいます!!

タイ国内の航空会社は以下をご参照ください。

タイ航空
http://www.thaiair.co.jp/
バンコクエアウェイズ
http://www.bangkokair.com/jpn/pages/home
エアアジア
http://www.airasia.com/jp/ja/home.page
NOK AIR
http://www.nokair.com/
ORIENT THAI AIRLINES
http://www.flyorientthai.com/en/home/

オーストラリアでワーホリ帰りの方や、アジアを周遊されている方などのも
とてもアクセスがしやすいですね!!

バンコクには国際線をメインとしたスワンナプーム空港、国内線(主にLCC)をメインとしたドンムアン空港(旧バンコク国際空港)がありますので、お間違いないようにお気を付けください。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

近年、LCC(格安航空会社)の目覚しい発展により、プーケットへのアクセスがより安く、そしてより便利になりました。

一昔前ですとバンコクからの移動を安く済ませる手段といえば、長距離バスが主流でしたがLCCを利用すれば、バスとさほど金額的に代わりがないほど安価な航空券を購入することができます。

そしてなんと言っても最大のメリットはその移動時間!!

バスだと片道15時間かかるバンコク~プーケットですが飛行機だとたったの1時間!!

空港間の移動やチェックイン後の待ち時間を含めてもスムーズに行けば合計で4~5時間で移動ができます。

航空会社のキャンペーン価格などを利用すれば片道1,000~1,500バーツで移動も可能です。

LCCを上手に使いこなしてより快適な旅をしましょう。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報


プーケットといえばやっぱりなんと言っても海ですね。

カイ島ピピ島コーラル島...数えだしたらキリがないほどプーケット周辺には島が点在しています。

その中で本日クローズアップするのはラチャヤイ島です。

ラチャヤイ島はプーケットから南に約20キロ、大型船で1時間半の場所にある
リゾートアイランドです。

そしてなんと言っても見所は綺麗な海。

RY


一年を通しシーズンを問わずにダイビングができる魅力的な島です。

また1つの島に多くのポイントがあるので初心者から上級者まで楽しむことできます。

プーケットへ来たらぜひともラチャヤイ島へ!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

南国のフルーツといえば一体なんでしょうか。

最もポピュラーなフルーツといえばやはり「スイカ」ではないでしょうか。

日本だと夏だけしか出回らないスイカですが、ここプーケットは常夏の島!つまり年中スイカが食べられます。

すいかたくさん


嬉しいことにダイビングが終わると多くのボートでスイカが並んでいることが多々あります。もちろんスイカシェークもとってもリーズナブルです。

スイカシェーク

甘くてみずみずしいスイカ、南国の気候とぴったりですね!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

タイ料理いえばやはり「パクチー」ですね~。

こんなところにまで??というくらいなんでもパクチーが入っています。

タイ人の美の秘密はパクチーにあり!というくらい栄養価も高いようです。

パクチーは別名「カメムシソウ」とも言われており、苦手な人もいるようです。

パクチー


タイ料理のスープやサラダやなどにはよく入っていますので苦手な方は料理を注文する際に「マイサイパクチー」(パクチー入れないで)といいましょう。

日本では高級食材ですので、タイに来たらいっぱいパクチーを食べて美しくなりましょう。

ちなみにわたしは食べられません…
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

タイの食べ物のイメージというと満場一致で辛いもの!!という意見が帰ってくるかと思いますが、実はここタイランド!!究極の甘党天国です。

コーヒー、お茶、お菓子、、、挙げたらきりがないですがとにかくこれでもかというほど砂糖を入れます。

さらにはナイトマーケットにはケーキ屋台までもあります。

ケーキ

辛い食べ物の後に、あま~い物を食べるとなんだか幸せな気分になりますね。

ちなみにですが、日本では当たり前の無糖の緑茶、烏龍茶などはPOKKAのものがおすすめです。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

皆さん、タイと言えばどんなイメージをお持ちでしょうか??

バイク2


ここはバイク天国!!

バイク1

老若男女、昼夜問わず見渡す限りのバイク!バイク!バイク!

もちろんプーケットに来たら気軽に借りることが出来ます。

パスポートを預けて24時間で約200バーツ~。

国際免許は事前に取る様にしましょう!

そしていざというときのために海外旅行傷害保険の加入も忘れずに。

バイクを運転するときは必ずヘルメットを被りましょう!
バイク3




にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

ここタイランドはお持ち帰り天国です。

ありとあらゆる食べ物がお持ち帰り可能なのです。

そんなものまで!?というものもオッケー!!

本日はソムタムをお持ち帰り。

袋に入れて口を縛って出来上がり。

そむたむ

袋に食べ物を入れる早業は見ものです!!

皆さんもプーケットに来たら色んなものをお持ち帰りしちゃいましょう!!

なんでもお持ち帰りです!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報


ここ南国プーケットの楽しみの一つといえばなんと言ってもビールですね!!

ダイビングシュノーケリングの後の一杯は格別ですね!!

そんなタイのビールですが、日本に負けず劣らず多種多様です。

タイビール


薄い味から濃い味まで、更にはアルコール濃度も様々。

コップに氷をいれたり、ストローで飲んだりと日本では信じられない光景を目にします!!

皆さんもタイスタイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

ここ南国プーケットは日常を忘れさせてくれる常夏の楽園。

何気ない日常の1コマが美しく見える瞬間が多々あります。

日が落ちる午後6時頃、空を見上げると綺麗な夕暮れを見ることが出来ます。

プロンテープ岬、ビッグブッダ、カタビューポイントなどなど様々なサンセットビューポイントがありますが、どこにいても南の島の夕暮れというのは何か特別な雰囲気を醸し出していますね。

プロンテープ


皆さんもお気に入りの夕日スポットを見つけてみてはいかがでしょうか。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

タイに来ての楽しみのひとつはなんといってもおいしいご飯!!という方も少なくはないのでしょうか。

タイはおいしい食べ物の宝庫と言っても過言ではありません。

実際にタイ料理の「トムヤムクン」は世界三大料理のうちの一つといわれています。

そんなおいしいご飯がいっぱいのタイですが、タイ人も食べるのが大好き!!

街のいたるところで食べることが出来ます。

さて、そんなタイでのご飯事情ですが、今日はタイの朝ごはんをご紹介。

タイで定番の朝ごはんの種類1つとして通称「おかず屋さん」があります。

バットに並んだおかずをよそってもらい、ご飯の上にかけてもらうという至ってシンプルなご飯ですが
種類も豊富で味もおいしいです!

おかずばっ_320


通常おかず2品とご飯で40バーツ。

おかずごはん_320


プーケットに来たらホテルの朝食もいいですが、街の中の味もお試しください!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットでよく見かけるこの乗り物はいったいなんでしょうか??

ソンテウ横


タクシー??それとも自家用車??

これは日本ではあまり見かけませんがいわゆるピックアップトラックの荷台を
座席に改造し、屋根をつけた、その名も「ソンテウ」

ソンテウ後ろ


プーケットではあちこちで見かけます。

用途は様々、ツアー会社のお迎えから、現地で働く人々の送り迎えや
学生の送り迎えなどなど。

心地よい風を受けると、まさに南国を実感できますね!!

プーケットに来たらぜひともお試しください。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

みなさんは旅行の際ホテルを決めるときに何を重視しますか??

ここプーケットには高級リゾート~リーズナブルな宿が各種揃っており
もはや軒数は把握できません…。

旅行といえばホテルというそこのアナタ!!

今度の旅行はゲストハウスに泊まってみてはいかがでしょうか。

バックパッカーや学生さんをはじめ、もちろん上はシルバー層まで
ありとあらゆる年代の人が泊まっていて常に話題は尽きません。

もしかしたら素敵な出会いがあるかも。

ちなみにフリースペースがあったり
共有

冷蔵庫や
冷蔵庫


洗濯機まで
洗濯機

お部屋は共同のドミトリータイプですね。
ドミ


新しい刺激と出会いを求めて旅に出ましょう!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

みなさん、タイ料理と聞いて最初に思い浮かぶ料理はなんですか??

トムヤムクン、ソムタム、カオパット…実においしいタイ料理が盛りだくさんですが
やはり外せないのが「パッタイ」ではないでしょうか。

プーケット一美味しいといわれるパッタイ屋さんがカロン地区のヒルトンホテルの
すぐ近くにあります。

パッタイ1

概観はこんな感じです。

パッタイ2

値段も50バーツととてもリーズナブル。

地元の人から観光客まで連日大繁盛のようです。

ちなみにイスラム教徒の人が多いプーケットのせいか、具に豚肉は使われておりません。

プーケットイチのパッタイを是非ともお試しください!!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットの至るところで見るこれは一体なんでしょうか。

体重計


正解はみたそのまんま、体重計です。

1バーツ投入して上に乗るだけで街角で体重が測れてしまいます。

コンビニやスーパーの前や、ショッピングモールの中など、至る所にあります。

プーケットに来て連日のおいしい料理やお酒で少し体重が気になりはじめたら
記念に一度乗ってみてはいかがでしょうか。

※公共の場での測定ですので靴は脱いでも平気ですが
着衣で測りましょう。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報


プーケットタウンのカオランという山の頂になんともオシャレでプーケットタウンを一望できる地元でも人気のレストランがあります。

パトン地区やカタ地区などの観光エリアから足を伸ばすこと約45分、そこはまさに絶景!!

トゥンカカフェ

おすすめの時間帯は18時頃がいいですね。夕日と夜景を楽しみながらのタイ料理のディナーで催行の気分に浸ってみては
いかがでしょうか。

トゥンカカフェからの景色

料理もおいしく、価格もリーズナブルです。

ピピ島ツアーや午後の象乗りツアーの後が丁度いい時間帯でしょうか。

大切な人とロマンチックなひと時を…。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

日本でも大人気のタイ料理、みなさんもプーケットに来たらやはり本場のタイ料理にチャレンジしてみたいですよね。

しかし近年の欧米人定住者の増加やタイ人の間で日本食のブームにともない世界各国の料理が食べられます。

その中でも特におすすめはイタリアン!
ピザやパスタが1品200バーツ(600バーツ)で食べられます。

イタリアン


ここシャロン地区も多くのイタリアンレストランがあります。

皆さんもプーケットへ来たら色んな国の料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

今や世界のどこにでも普及している携帯電話。
タイ人もケータイ電話は大好き。

タイのケータイ電話は日本よりも簡単に手に入れることが出来ます。

コンビニ、スーパー、デパートから屋台まで至るところで電話が売られています。

まずは本体を購入し、そしてコンビニや電話屋さんで自分の希望金額だけチャージをしてもらいます。

日本の電話をタイ国内で使用すると帰国してから請求額にびっくり!なんていうことがあるかもしれませんのでプーケットにお越しの皆さまはご購入をおすすめします。

ちなみに安いものですと電話が1,000バーツ以下、チャージは50バーツくらいでもOKです。

電話をもてばタイ人の友達もできるかも?

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケット最大の観光エリアパトンビーチ、連日の賑わいを見せております。

日本人観光客の半分以上の方が宿泊するここパトンにバナナウォークというショッピングエリアが誕生しました。

場所はパトンビーチ沿いのバナナディスコの隣にあります。

スーパーマーケットや飲食店、お土産屋などが充実しており中でも注目は吉野家!!

吉牛
 

プーケットにもついに進出しました。

他にもFUJIレストラン(日本食)やシズラー(ステーキハウス)もあります。

タイ料理が少し苦手という方にはおすすめですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

日本人は当たり前のように自分の血液型や星座を知っていますね。

血液型占いや、星座占いなど日本では当たり前ですね
ではここタイランドでは??

タイでは自分の生まれた曜日に色が決まっておりそれによって性格や運勢を占います。

月曜日 黄色
火曜日 ピンク
水曜日 緑色
木曜日 オレンジ
金曜日 青
土曜日 紫
日曜日 赤

プーケットに来る前にぜひともチェックしてみてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

前回のプーケットエリア情報の番外編、今回はプーケットタウンをご紹介。

プーケットタウンは島の東側のエリアに位置する主に地元の人が生活するエリアです。
また長距離バスターミナルもあるためバックパッカーにも人気のエリアです。

プーケットタウン

レオナルド・ディカリプリオ主演の「THE BEACH」の撮影で使用されたオンオンゲストハウスがあるのもここですね。

また大型ショッピングモールのセントラルフェスティバルや土日限定ウィークエンドマーケットもありタイのリアルな生活を体験したいという方には是非ともプーケットタウンへ。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

突然ですがプーケットはでかい!決して小さな島ではありません。
1周すると半日以上はかかりますね。

そんなプーケットですがやはりどこのエリアに滞在するかで旅行の印象が大きく変わってくるかと思います。

hotelli.jpg


そこで本日はプーケットの人気のエリアをご紹介。

パトン地区…プーケット1番の観光エリア、安いゲストハウスから高級リゾートホテルまであり眠らない歓楽街バングラ通りや、大型ショッピングセンターもあります。とにかく寝る間も惜しんででも遊びたい方や、プーケットの熱気を直に感じたい方におすすめ。

カタ/カロン地区…パトンから南に約15分、パトンに比べてやや静かですが飲食店やショッピングも充実したエリアです。
大型リゾートのカタタニ、ヒルトン、クラブメッド等がファミリー層を中心とした人気のホテルです。

ラグーナ/空港周辺地区…こちらのエリアは主に高級リゾートエリア、主にホテルステイを満喫したい方にお薦め。ホテル周辺にお店が少ないので周りはとても静かです。
ハネムーナーに人気のエリアです。

チャロン/ラワイ/ナイハン地区…プーケット南部、ダイビングショップが点在し、また長期滞在者用のコンドミニアムが多いエリアです。
ダイビングボートが出港する港が近くにあるので連日潜るダイバーさんにはお薦めのエリアです。

みなさんもプーケットのお気に入りエリアを見つけてみてはいかがでしょうか。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットを満喫するにあたって欠かせないのはなんとオプショナルツアーですね。
限られた日数で思いっきり遊びたい!という方も少なくないのではないでしょうか。

ちょっとでも多くのアクティビティに参加したいというかたには半日ツアーがおすすめです。

象乗りツアーカイ島ツアーなどは半日での参加が可能です。
また夜遊びしすぎて、朝がツライ!という方にも安心の午後からのコースもあります。

組み合わせによっては
午前 カイ島ツアー
午後 象乗りツアー

さらに欲張りな方にはサイモンキャバレーショープーケットファンタシーショーもおすすめです。

プーケットを遊び尽くしましょう!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットからスピードボートでわずか15分、コーラル島ではシュノーケリングを中心にバナナボート、パラセイリング、シーウォーカーなどのマリンアクティビティも充実しています。

島全体も大きいのでビーチでビールを飲みながらのんびりリラックスという方にもお薦めです。

こーらるしま


帰港も15時頃と早めですので夜のツアーに行く方もホテルに一度帰ってからのんびりできるのも魅力ですね。

乾季本番のプーケットですので日焼け止めやサングラス、帽子はお忘れなく!!!!
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

テーマ:タイ・プーケット - ジャンル:海外情報

プーケットの格安ドミトリー宿

プーケットで唯一の日本人ドミトリー

現地発オプショナルツアー

ピピツアー、体験ダイビングも人気!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

プーケットのダイビングや、シュノーケリングなど、イロイロなことを検索してみてください!

リンク

プーケットに関するリンクや、タイのサムイ島やタオ島の情報もあります!

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。